キルダケスリム 妊娠中

注意点を解説【妊娠中に着用するメリットとは?】

エクスレンダー 妊娠中

 

妊娠中・授乳中の方の中には、産後のバストの形が気になるという方も多いのではないでしょうか?

 

ケアをしたくても、忙しない毎日の中ではなかなか自分を労わる時間もありませんよね。

 

そこでおすすめしたいのが、着用するだけでバストのケアが出来るナイトブラ・キルダケスリムです。

 

キルダケスリムには、バストアップ効果だけでなく、胸の形や姿勢を整える効果もあるんですよ。

 

しかし、「妊娠中・産後・授乳中に、ナイトブラを着用して大丈夫なの?」という心配もありますよね。

 

そこで今回は、妊娠中・産後・授乳中のキルダケスリム着用の安全性や、サイズの選び方など気になる情報をお伝えしていきます。

 

妊娠中・産後・授乳中にナイトブラの使用を考えている方は、是非参考にしてみてくださいね。

 

 

妊娠中・産後・授乳中にキルダケスリムを着用しても大丈夫?

 

キルダケスリムはノンワイヤー・ノンホック・ノン金具のナイトブラ。伸縮性のある生地一枚で作られ、体にフィットする作りになっています。

 

矯正ブラのようにキツい締め付けはありませんので、バストを締め付けないほうが良いと言われている妊娠中や産後の授乳中の着用も大丈夫だと言えるでしょう。

 

また、キルダケスリムは昼用ブラや授乳ブラと違い、就寝時のバストを下と横からしっかり支え横流れを防いでくれます。

 

この構造のおかげで、妊娠中から産後にかけてのバストのハリがしっかりサポートされ、寝返り時の痛みや苦しさの軽減にも?がります。

 

妊娠中・産後・授乳中というデリケートな時期のナイトブラの使用には抵抗があるという方も多いかもしれませんが、「着けていた方が楽かも」という声もあるんですよ。

 

ただ、つわり期や産前産後などの体調が不安定な時や、「ナイトブラを着けるがつらいな」と感じた時には無理せず着用をやめましょう。

 

自分の体調に気を付けながら、サポートとしてキルダケスリムを使用していけると良いですね。

 

妊娠中・産後・授乳中のサイズの選び方

 

妊娠中や産後の授乳中は、普段よりバストが大きくなります。

 

出産によるサイズアップはトップバストが平均2カップ、アンダーバストが1サイズと言われていますので、こちらに合わせてサイズを選ぶと良いでしょう。

 

しかしこれはあくまでも目安であり、人によって差がありますので様子をみながら購入していくのが一番かもしれませんね。

 

あまり早い時期に買ってしまって、いざ着用した時に大きすぎたり小さすぎたりしてしまうようでは、せっかくのナイトブラの意味が無くなってしまいます。

 

自分のバストの変化をチェックしながら揃えていくのがおすすめです。

 

ちなみに、キルダケスリムのサイズはM(胸囲79〜86cm)L(胸囲87〜96cm)展開となっています。参考にしてみて下さいね。

 

妊娠中・産後・授乳中のキルダケスリム着用で美乳をキープ!

 

キルダケスリムにはバストアップだけでなく、授乳中のバストを支え就寝時の寝返りを楽にする効果があります。

 

姿勢のケア効果もありますので、前屈みになりがちな授乳中の姿勢も自然と良くなりますよ。

 

産後の着用でも効果が得られますが、一番効果的なのは妊娠中から着用することだと言われています。

 

キルダケスリムの公式サイトではお得なセット販売をしていますので、気になった方は是非、公式サイトをチェックしてみて下さいね♪

 

>>キルダケスリムの詳細はコチラ